社会保険労務士事務所のサポート

障害年金の受給をできるだけ確実にするならば、社会保険労務士事務所のサポートを受けて申請する方法があります。申請者本人が記載する書類もありますが、例えば診断書は、本人と相談しヒアリングして、障害年金申請に適切な診断書を社会保険労務士事務所が医師に依頼してくれます。また申請者本人が作成する書類に関しても、これもヒアリングによって、日常のポイントを抑えた内容にしてくれます。

無料相談もしも、社会保険労務士事務所のサポートを受けたいならば、まずは多くの事務所で無料相談を行っているので、相談します。その相談時に、受給資格を満たしているか確認し、その時点でサポートを受ける意思があれば、開始します。やはり年金事務所や役所では、一定の書類が揃っていれば、書類を受理してくれますが、認定基準をクリアしているかどうかは、助言は一切行っていません。また医師でも、その診断書の内容が、認定基準をクリアしているかどうかは、わからないものです。

特に病院に行って診断書をもらうときは、障害が発生した期間の中でも、一番状態が良く、外出できるようなときに来院し、診断書の内容が軽い状況の内容になったという人も少なくありません。社会保険労務士事務所ならば、どのような問題が発生するか把握しているので、適切にアドバイスとサポートをしてくれます。