代行料金に関して

社会保険労務士事務所では、障害年金の申請代行をしていますが、それは必ず受給できるようにするものではありません。認定される可能性を高めるものであり、代行依頼したから100%受給できるとは限りません。受給の可能性を高めて、さらには不当に低い等級にされることを防ぎ、受給できる方は確実に受給できるようにサポートします。必要に応じて、障害や日常生活に関する裏付けの書類も、提出時に添えるので、受給の可能性が高まります。

サポート代行依頼サポート代行依頼したときの金額に関しては、多くの事務所で、手付け料金は無料となっており、成功報酬を取り入れているところが多いです。もちろん事務所によって、料金が安い高いと違いはあります。しかし安い料金だからサポートの質が悪い、料金が高いから確実性があるとはなっていません。どの社会保険労務士事務所に依頼するか、過去の実績や、サポート内容をよく調べてから、依頼する事務所を決めましょう。

どこの事務所によっても、無料相談は行っているので、まずは相談に行ってみると良いでしょう。その上で、相談してみて、事務所の方が信頼できるのか、手厚くサポートしてくれそうか、話してみれば雰囲気などがつかめます。相談した上で、そこの社会保険労務士事務所に障害年金請求の代行を依頼するか決めると良いです。

社会保険労務士事務所のサポート

障害年金の受給をできるだけ確実にするならば、社会保険労務士事務所のサポートを受けて申請する方法があります。申請者本人が記載する書類もありますが、例えば診断書は、本人と相談しヒアリングして、障害年金申請に適切な診断書を社会保険労務士事務所が医師に依頼してくれます。また申請者本人が作成する書類に関しても、これもヒアリングによって、日常のポイントを抑えた内容にしてくれます。

無料相談もしも、社会保険労務士事務所のサポートを受けたいならば、まずは多くの事務所で無料相談を行っているので、相談します。その相談時に、受給資格を満たしているか確認し、その時点でサポートを受ける意思があれば、開始します。やはり年金事務所や役所では、一定の書類が揃っていれば、書類を受理してくれますが、認定基準をクリアしているかどうかは、助言は一切行っていません。また医師でも、その診断書の内容が、認定基準をクリアしているかどうかは、わからないものです。

特に病院に行って診断書をもらうときは、障害が発生した期間の中でも、一番状態が良く、外出できるようなときに来院し、診断書の内容が軽い状況の内容になったという人も少なくありません。社会保険労務士事務所ならば、どのような問題が発生するか把握しているので、適切にアドバイスとサポートをしてくれます。

社会保険労務士事務所での障害年金申請

障害年金は、保険料を基準以上納付している方が、病気や怪我で日常生活に支障を来す状態になったときに、受け取れる年金です。ただこれは申請しないと支給はされず、だれでも自分で書類を用意して請求することが出来ます。しかし、遺族年金のように、指示された通りに書類に記載し提出すれば、指定の口座に年金が振り込まれるというようなものではありません。障害年金申請を行うと、審査があり、審査通過しないと支給はされません。

社会保険労務士事務所ただ自分で書類を用意して提出するには、年金事務所や病院に何度も通い、関連する書類を取り寄せなければならず、また書類記載時はよく考えて行わないとなりません。申請が遅れれば、その分、受給できる期間が減ってしまいます。また、何年に疾患を患っていると、初診日がいつであるか思い出すのが大変なこともあります。提出書類には、発病からの状況も記載しないとならず、思い出しても詳細に書けないこともあります。

年金事務所や役所でも無料相談を行ってはいますが、どのように書けばいいのか、書いた内容は修正は必要なのか、などと無料では相談に限界があります。そんな障害年金の確実な受給を目指す方のために、社会保険労務士事務所では申請までの代行をしています。社会保険労務士事務所に依頼すると、もちろん費用はかかりますが、なにをすればいいのか、どのような書類を揃えればいいのか、隅々までサポートしてくれるので、障害年金を受給できる確率が高まります。